スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンベンション参加者皆様のご感想紹介

去る11月23日に開催したTRPGコンベンション「MISSION IMPOSSIBLE 01-発達障害と想像力の世界」。発達障害の特性を持つ当事者の方や発達障害分野の支援者の方、そしてTRPGの専門家の皆さんが一堂に会して、初心者も経験者も一緒になってTRPGを楽しむイベントでした。

お陰さまで会は盛況で、当日最後にお願いしたアンケートでも、参加者の皆様から多くのご感想をいただくことができました。

それらのご感想のうち、掲載許可をいただいたものを一部ご紹介させていただきます。

●TRPGは初めてでしたが、GMの方の進行もうまく、ストーリーも魅力的で楽しめました。
●はじめてやるゲームで、他の人と楽しめた。
●初めてお会いした人たちと同じストーリーの中で目標に向けて話し合ったり展望したりすることができ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
●やったことのないルールだったので、新鮮な気持ちでできてよかった。
●グループの人とワイワイやりながらゲームの設定の中に入り込めた。
●キャラクターの役をやりながらダイスを振り回すというのは、ハマる程ではないが内容はシュール過ぎる。
●みんな初対面だったけど、普通に会話するよりも仲良くなれた気がする。
●自由度が高く、とても楽しかった。
●大変面白かったし、ノリの良い人が多かったので入り込みやすかった。
●かなり長い時間を要するのと、聴覚に依存する部分も大きいので、その人の特性によっては負担が大きいようにも思う。
●GMの人は大変だったと思いますが、皆を楽しませるために一生懸命やってくれました。ありがとうございました。
●あっという間に時間が経ってしまった。

コンベンションにご参加いただいた皆様、またアンケートにご協力をいただきました皆様、改めてありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。