スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンベンション参加者皆様のご感想紹介

今年も残すところあとわずかとなりました。

さて、去る11月11日、発達障害の特性を持つ当事者の方や発達障害分野の支援者の方、そしてTRPGの専門家の皆さんが一堂に会して、初心者も経験者も一緒になってTRPGを楽しむコンベンションの第2回目、「MISSION IMPOSSIBLE 02-発達障害と想像力の世界」を、東京大学本郷キャンパスにて開催致しました。

お蔭様で前回同様盛況をいただき、アンケートでも、参加者の皆様から多くのご感想をいただくことができました。

いただいたご感想のうち、掲載許可をいただいたものの一部を、以下にご紹介させていただきます。

●経験が少ないので、委縮していたが、初心者でも易しく分り易く進行していただき楽しかったです。
●初めてなのでなかなか要領が分りませんでしたが、楽しめるようになりました。
●普段交流のない方々とのセッションは貴重な機会でした。
●良いプレイヤーとダイス目に助けられて、とてもよい一日となりました。
●TRPGのプレイに慣れていないので、自由度の高いシナリオだと「何をやったらよいか分らない」状況になることが悩みだったのですが、逆に「何をやってもいい」という感覚がつかめたのが収穫だった。
●新しい体験で面白かったが、入り込むにはもう少し時間が必要と感じる。
●小刻みな休憩時間が必要。
●もう少し人数を多くしてプレイしたいとも思った。
●TRPGを知らない人でも参加しやすいコンベンションづくりができていたと思う。
●当事者が理解者、支援者と接することができたのは、とてもよかったです。
●このようなコンベンションがTRPG好きの人たちのオトナの社交場的に続くといいなと思いました。
●楽しかった。その一言。
●次もあれば是非参加したいです。

コンベンションにご参加いただいた皆様、またアンケートにご協力をいただきました皆様、改めてありがとうございました。

なお、次回のコンベンションは、来年(2013年)の夏を予定しております。

今年一年、お世話になりました。
良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。